社会保険労務士に独学で合格したい場合の心構え

社会保険労務士に限らず、どの資格試験の場合でも独学で合格を目指すことは可能となっています。
しかし独学は他の方法に比べてみても難しく険しい方法となっていますので、強い意志が必要となってくる方法となっています。
大切なのは使用するテキストの選び方と学習時間の確保です。
独学は孤独な戦いとなってきますので、挫折をしやすくなってしまうのですが、今はインターネットが普及した時代でもあります。
そのインターネットを駆使し、同じ目標に向かっている仲間を見つけることができるだけでも、孤独感は薄れますし、ライバル意識も高まるので効果的だと考えられます。

それでも独学で学習するのはつらい作業となります。
そのため、コツやポイントを社会保険労務士の先輩や講師の方たちに聞いてみるのも良い方法です。
コツやポイントをつかむだけでも、学習はぐんと楽に進むようになります。
社会保険労務士のテキストは、内容でみますと膨大な量となっていますので、ただおもむろにテキストをこなしているだけでは、学習時間がその分長くなってしまうだけです。
そのため、コツやポイントを掴んでコツコツと学習を進めることができるようになれば、学習時間も大幅に短縮できるようになりますし、独学で合格することもできるようになるのです。

社会保険労務士。仕事内容を簡単に説明すると

社会保険労務士と一言でいいましても、仕事内容は実に様々です。
すこし興味がわいたときに、インターネットなどで検索すると仕事内容が出てくるのですが、具体的すぎてわからないことばかりだったりもしこれは、インターネットます。
これは、社会保険労務士が法律にかかわる仕事となっているために、説明が難解になってしまっているということと、いかに専門家向けに作られているかどうかということがわかります。
しかし本当でしたら、まず興味を示すのも依頼をするのも、誰もが最初は何もわからない状態の人です。
そんな人たちに向けて、わかりやすく説明するのも大切なのではないでしょうか。

そこで、こちらで社会保険労務士の仕事内容についてわかりやすく説明しますと、社会保険労務士とは、労働環境をより良くしてくれる手伝いをしてくれる人たちだと理解しておくと便利です。

会社は一般的に人と物と金で成り立っていまして、この中のどれかひとつでも欠けてしまうことで会社は成り立たなくなってしまいます。
しかし残念なことに、この中で一番後回しにされてしまいがちなのが従業員の環境整備でして、設立当初は最新の環境だった場合であっても、頻繁な法の改正などによって保障されるべきはずなのに保障されていない内容なども増えてしまいます。
他にも従業員が安心して働ける環境づくりをするために、賃金や労働時間、休暇などの労働条件の整備をしてくれるのも社会保険労務士の仕事となっているのです。

社会保険労務士になるための資格

社会保険労務士になるためには、まずは資格試験を受けて合格する必要があります。
合格してやっと社会保険労務士としてのスタートラインにたったと言えるのです。
そのためにまずは資格試験です。
しかしこの資格試験というのが曲者でして、まずは試験を受けるための条件をクリアしているかどうかを確認する必要があります。
もしもクリアしていない場合は、受験資格を獲得するためにより一層努力しなければいけないと言うことなのです。

受験資格というのが、大学、短大、高等専門学校を卒業した人などと、まずは学歴に関しての条件をクリアしている人は資格に挑むことができます。
他には司法試験の第一次試験合格者や、国家試験のなかで厚生労働大臣が認めている国家資格に合格した人など、受験資格を獲得するだけでも難しいものばかりです。
しかし受験資格の中でも比較的獲得できそうなものもあります。
それが実務経験となっていまして、この実務経験というのが、法人の役員または従業者として従事した期間が3年以上ある場合や、国や地方公共団体の公務員として行政事務に三年以上従事した場合など、比較的実現できそうなものばかりです。

この実務経験については、従事した期間が通算3年以上ということなので、従事しながら社会保険労務士の資格試験取得に向けた学習をすることで、効率的な学習を進めることができます。
社会保険労務士の受験資格

サイドビジネスとして成り立つのか

不景気の世の中になった今、普通に会社勤めをしている人でもサイドビジネスを行っている方は非常に増えています。
サイドビジネスと言いましてもいろいろなビジネスを上げることができるのですが、社会保険労務士をサイドビジネスとして考える人も少なくはありません。
社会保険労務士の力を必要としている中小企業にはすでに別の相手と顧問契約していることがほとんどです。
そのため資格を取得できたとしても、実際に資格を活かすことのできない人も中にはいるのです。
そういった人たちがサイドビジネスとして考えることがほとんどです。

社会保険労務士の仕事は非常にたくさんあるのですが、その中から得意分野を作って専門分野として売り込む方法も良いサイドビジネスの方法だと言えます。
しかし顧問契約とは違って一件一件の案件を請け負うごとに報酬が出る方法となりますので、必ず毎月仕事があるとも限らないため、サイドビジネスとしては良いですが、本業となりますと厳しいものがあります。

また初めはサイドビジネスとして仕事を行っていたとしましても、その後自分に経験や知識がつき、開業社会保険労務士として本格的に仕事をすることも可能です。
そのため、出産や育児をしている女性にとって人気の仕事となっていまして、育児が落ち着いたときに本格的に仕事を始めるという場合にぴったりの仕事となっているのです。

社会保険労務士はライフスタイルによって考える

社会保険労務士の資格を取得したとき、自分がどのような勤務方法を選ぶかどうか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。
社会保険労務士としての働き方は大きく分けると二通りあるのですが、そのふたつは仕事内容以外はライフスタイルはすべて違っています。
そのため、自分のライフスタイルに合った勤務方法を選ぶというのも一つの方法だと言えるのです。

たとえば勤務社会保険労務士のライフスタイルはと言いますと、名前の通り一般企業に勤務している形となっていますので、一般の会社勤めと変わりはありません。
始業時間と終業時間の違いこそありますが、会社の勤務スケジュールによって、自分の休日や趣味の時間などを取る形になります。

しかし開業社会保険労務士はと言いますと、いわゆるフリーランスの仕事となりますので、時間の調整はすべて自分で行うことができます。
休日を自分で決めることもできますし、合間に買い物や趣味に時間を使うこともできます。
それに法律改正はこまめになされるものなので、常に最新の情報を持っておくことも大切となっていますので、研修やセミナーなどに出席したりするなど、日頃からの勉強も大切な仕事の一つとなっているのです。
スケジュールをすべて自分で管理しますので、育児中の女性にも向いている仕事となっているのです。

勤務社会保険労務士から独立開業へ…

勤務社会保険労務士で働いているときに、ふと独立開業を考える人も中にはいらっしゃいます。
独立してしまえば、顧問契約先を見つければ見つけるほどに年収はあがっていきますので、サラリーマンとしてやっていくよりも年収が上がると考える人もいるのでしょう。
しかし実際独立開業して開業社会保険労務士として働きだしますと、まず最初は年収が下がることがほとんどです。
開業したあとは顧問契約先を見つけるのが難しく、最初の一、二年は貯金を切り崩しての生活をする覚悟でいた方が良いと言えます。
もちろん顧問契約先が増えれば増えるだけ年収があがるので、サラリーマンとして働いていた時よりも収入アップが望めます。

これはいわば冒険ともいえることなので、なかなか勤務社会保険労務士から独立開業を実行する人はいないのです。
それでもくじけずに地道な努力を続けることによって、年収アップにもつながるのですが、そのためにはつらい状況を乗り切る強い意志がなければ難しいと言えるでしょう。
しかしサラリーマンとして一企業に勤めた経験を活かし、従業員のリアルな気持ちを理解できる社会保険労務士も評判は良かったりするのです。
どの道を選ぶかは自分次第ですので、どの道を選んでも悔いの残らないようにすることが大切となるのです。

会社員としての社会保険労務士の役割とは

社会保険労務士の資格を取ったあと、選択肢として迫られるのが、独立開業するか一般企業に勤めるかどうかです。

社労士の役割
その中でも一般企業に勤める場合は、勤務社会保険労務士と呼ばれており、その名前の通り会社に所属していてサラリーマンとして働いている形となっています。
しかし仕事の内容そのものは、開業社会保険労務士となんら違いはありません。
企業によっては資格が奨励されていることもあり、人事や労務などの業務に携わっている人などはスキルアップとしても、資格取得を目指すこともあるようです。
大企業になればなるほどにこちらの資格を持っていて当たり前という企業体勢も少なくはないのです。

勤務社会保険労務士の最大のメリットといいますと、安定した収入が約束されているということです。
昨今では不景気が影響しているからか、突然のリストラも少なくはありませんが、この資格を持っているということで、最後までリストラ対象にならないということが多いようです。
安定した収入があるためか、有資格者の三分の一がこの勤務社会保険労務士を選んでいるとされています。
現在では就職難が影響しているためか、就職活動のために資格を取得しようとしている学生も多くなっているのですが、簡単に取れる資格ではないために挫折者も多いそうです。
しかし資格を保有していると就職に有利に働くということは事実となっていて、良い企業こそ有資格者を歓迎しているとも言われているのです。

年収をアップするためにできること

社会保険労務士として開業した場合、どれだけの年収にできるかどうかが、生活ができるかどうかを決めると言えます。
開業社会保険労務士が年収をアップさせる方法としましては、まずは顧問契約を増やしていくことが最重要になると言えます。
顧問契約の相場はあるのですが、一度顧問契約を結べば長期にわたり契約が続けられますので、月々の安定を求めるためにはまずは顧問契約をいくつか結んでいくのが大切なのです。

しかし顧問契約以外の報酬も年収に大きな影響を与えます。
企業だけでなく個人の顧客からのコンサルティングにも需要がありまして、ここ数年はとくに年金問題が注目を集めているため、年金についての相談は増えていると言えます。
年金の手続きというのは実は一般人にはわかりづらいことが多いため、専門家である社会保険労務士に相談したり、請求手続きを依頼したりすることも少なくはありません。
顧問契約を結ぶだけでなく、こういった年金問題を得意分野として強化していくのも、年収を増やすためには良い方法となるのです。

ほかにもセミナーや講演会などの講師での報酬や、本を出版したりテレビに出たりするなどの活動も可能です。
こういった報酬は自分で自由に設定できますので、有名になればなるほど、報酬の単価を上げられるということなのです。

社会保険労務士は稼げるのか

社会保険労務士の資格を取得したとき、会社に勤める形で社会保険労務士として働くようになるか、社会保険労務士として開業するかどうかの方法があります。
勤労している場合はサラリーマンと同じですので、毎月のお給料の中に業務の報酬が含まれるようになるために、その会社によっての年収が約束されているはずです。
そのため、生活するうえで不便はないといえるでしょう。
しかしもうひとつの方法が開業するという方法ですが、開業した場合の報酬は主に3パターンあって、それぞれを足した額が年収となってきます。

報酬のパターンとしましては、とある企業から月々定額で仕事を請け負うことになる顧問契約と、必ず発生すると決まっていない業務に対して、その都度依頼を受けるパターンです。
これは、たとえるなら会社の立ち上げや就業規則など、企業にとって必要な時だけ力が必要になる、数年に一度しか発生しないような内容が多くなっています。
最後がセミナーの公演や相談報酬と呼ばれているものなど、一時間当たりで計算する報酬となっています。

このように、大きく分けて三つの報酬パターンがありますが、主な収入となるのが顧問契約となっていまして、ここに力を入れるかどうか、顧問契約を何社と結ぶかどうかによって、年収の増減が決まると言っても過言ではないでしょう。

いまさら聞けない社会保険労務士の仕事

社会保険労務士という資格の名前を聞いたことはあっても、実際にどのような仕事を請け負う人なのかは、かかわりのない人にとってはなじみのないものだと思います。
社会保険労務士としての仕事は、主に3つの仕事に分けられるのですが、そのすべてが社会保険法第2条に掲載されていまして、1号業務から2号業務まであります。
その中でも、1号業務と2号業務は社会保険労務士にのみが行うことのできる独占業務となっていまして、その内容としましては、炉健康保険や雇用保険など、労働社会保険諸法令に基づく書類の作成・提出代行と、労働者名簿や就業規則などの作成などの労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成となっています。

3号業務はと言いますと、資格を持っていない場合でも行うことができまして、その内容としましては、人事配置や資金調達だったり、企業内教育などを手掛ける、人事や労務に関するコンサルティングとなっているのです。
これは誰でも行うことができるのですが、ほとんどの会社はお世話になっている有資格者に依頼することが多いと言われております。

もちろんこのほかにも、雇用契約書の作成や見直しだったり、問題のある社員に対しての懲戒・解雇などの対応など、企業内でのトラブルや問題などすべてのことを解決することができるのが社会保険労務士の仕事であると考えると良いでしょう。