仕事

社会保険労務士。仕事内容を簡単に説明すると

社会保険労務士と一言でいいましても、仕事内容は実に様々です。
すこし興味がわいたときに、インターネットなどで検索すると仕事内容が出てくるのですが、具体的すぎてわからないことばかりだったりもしこれは、インターネットます。
これは、社会保険労務士が法律にかかわる仕事となっているために、説明が難解になってしまっているということと、いかに専門家向けに作られているかどうかということがわかります。
しかし本当でしたら、まず興味を示すのも依頼をするのも、誰もが最初は何もわからない状態の人です。
そんな人たちに向けて、わかりやすく説明するのも大切なのではないでしょうか。

そこで、こちらで社会保険労務士の仕事内容についてわかりやすく説明しますと、社会保険労務士とは、労働環境をより良くしてくれる手伝いをしてくれる人たちだと理解しておくと便利です。

会社は一般的に人と物と金で成り立っていまして、この中のどれかひとつでも欠けてしまうことで会社は成り立たなくなってしまいます。
しかし残念なことに、この中で一番後回しにされてしまいがちなのが従業員の環境整備でして、設立当初は最新の環境だった場合であっても、頻繁な法の改正などによって保障されるべきはずなのに保障されていない内容なども増えてしまいます。
他にも従業員が安心して働ける環境づくりをするために、賃金や労働時間、休暇などの労働条件の整備をしてくれるのも社会保険労務士の仕事となっているのです。

サイドビジネスとして成り立つのか

不景気の世の中になった今、普通に会社勤めをしている人でもサイドビジネスを行っている方は非常に増えています。
サイドビジネスと言いましてもいろいろなビジネスを上げることができるのですが、社会保険労務士をサイドビジネスとして考える人も少なくはありません。
社会保険労務士の力を必要としている中小企業にはすでに別の相手と顧問契約していることがほとんどです。
そのため資格を取得できたとしても、実際に資格を活かすことのできない人も中にはいるのです。
そういった人たちがサイドビジネスとして考えることがほとんどです。

社会保険労務士の仕事は非常にたくさんあるのですが、その中から得意分野を作って専門分野として売り込む方法も良いサイドビジネスの方法だと言えます。
しかし顧問契約とは違って一件一件の案件を請け負うごとに報酬が出る方法となりますので、必ず毎月仕事があるとも限らないため、サイドビジネスとしては良いですが、本業となりますと厳しいものがあります。

また初めはサイドビジネスとして仕事を行っていたとしましても、その後自分に経験や知識がつき、開業社会保険労務士として本格的に仕事をすることも可能です。
そのため、出産や育児をしている女性にとって人気の仕事となっていまして、育児が落ち着いたときに本格的に仕事を始めるという場合にぴったりの仕事となっているのです。

社会保険労務士はライフスタイルによって考える

社会保険労務士の資格を取得したとき、自分がどのような勤務方法を選ぶかどうか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。
社会保険労務士としての働き方は大きく分けると二通りあるのですが、そのふたつは仕事内容以外はライフスタイルはすべて違っています。
そのため、自分のライフスタイルに合った勤務方法を選ぶというのも一つの方法だと言えるのです。

たとえば勤務社会保険労務士のライフスタイルはと言いますと、名前の通り一般企業に勤務している形となっていますので、一般の会社勤めと変わりはありません。
始業時間と終業時間の違いこそありますが、会社の勤務スケジュールによって、自分の休日や趣味の時間などを取る形になります。

しかし開業社会保険労務士はと言いますと、いわゆるフリーランスの仕事となりますので、時間の調整はすべて自分で行うことができます。
休日を自分で決めることもできますし、合間に買い物や趣味に時間を使うこともできます。
それに法律改正はこまめになされるものなので、常に最新の情報を持っておくことも大切となっていますので、研修やセミナーなどに出席したりするなど、日頃からの勉強も大切な仕事の一つとなっているのです。
スケジュールをすべて自分で管理しますので、育児中の女性にも向いている仕事となっているのです。

いまさら聞けない社会保険労務士の仕事

社会保険労務士という資格の名前を聞いたことはあっても、実際にどのような仕事を請け負う人なのかは、かかわりのない人にとってはなじみのないものだと思います。
社会保険労務士としての仕事は、主に3つの仕事に分けられるのですが、そのすべてが社会保険法第2条に掲載されていまして、1号業務から2号業務まであります。
その中でも、1号業務と2号業務は社会保険労務士にのみが行うことのできる独占業務となっていまして、その内容としましては、炉健康保険や雇用保険など、労働社会保険諸法令に基づく書類の作成・提出代行と、労働者名簿や就業規則などの作成などの労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成となっています。

3号業務はと言いますと、資格を持っていない場合でも行うことができまして、その内容としましては、人事配置や資金調達だったり、企業内教育などを手掛ける、人事や労務に関するコンサルティングとなっているのです。
これは誰でも行うことができるのですが、ほとんどの会社はお世話になっている有資格者に依頼することが多いと言われております。

もちろんこのほかにも、雇用契約書の作成や見直しだったり、問題のある社員に対しての懲戒・解雇などの対応など、企業内でのトラブルや問題などすべてのことを解決することができるのが社会保険労務士の仕事であると考えると良いでしょう。