資格

社会保険労務士になるための資格

社会保険労務士になるためには、まずは資格試験を受けて合格する必要があります。
合格してやっと社会保険労務士としてのスタートラインにたったと言えるのです。
そのためにまずは資格試験です。
しかしこの資格試験というのが曲者でして、まずは試験を受けるための条件をクリアしているかどうかを確認する必要があります。
もしもクリアしていない場合は、受験資格を獲得するためにより一層努力しなければいけないと言うことなのです。

受験資格というのが、大学、短大、高等専門学校を卒業した人などと、まずは学歴に関しての条件をクリアしている人は資格に挑むことができます。
他には司法試験の第一次試験合格者や、国家試験のなかで厚生労働大臣が認めている国家資格に合格した人など、受験資格を獲得するだけでも難しいものばかりです。
しかし受験資格の中でも比較的獲得できそうなものもあります。
それが実務経験となっていまして、この実務経験というのが、法人の役員または従業者として従事した期間が3年以上ある場合や、国や地方公共団体の公務員として行政事務に三年以上従事した場合など、比較的実現できそうなものばかりです。

この実務経験については、従事した期間が通算3年以上ということなので、従事しながら社会保険労務士の資格試験取得に向けた学習をすることで、効率的な学習を進めることができます。
社会保険労務士の受験資格

会社員としての社会保険労務士の役割とは

社会保険労務士の資格を取ったあと、選択肢として迫られるのが、独立開業するか一般企業に勤めるかどうかです。

社労士の役割
その中でも一般企業に勤める場合は、勤務社会保険労務士と呼ばれており、その名前の通り会社に所属していてサラリーマンとして働いている形となっています。
しかし仕事の内容そのものは、開業社会保険労務士となんら違いはありません。
企業によっては資格が奨励されていることもあり、人事や労務などの業務に携わっている人などはスキルアップとしても、資格取得を目指すこともあるようです。
大企業になればなるほどにこちらの資格を持っていて当たり前という企業体勢も少なくはないのです。

勤務社会保険労務士の最大のメリットといいますと、安定した収入が約束されているということです。
昨今では不景気が影響しているからか、突然のリストラも少なくはありませんが、この資格を持っているということで、最後までリストラ対象にならないということが多いようです。
安定した収入があるためか、有資格者の三分の一がこの勤務社会保険労務士を選んでいるとされています。
現在では就職難が影響しているためか、就職活動のために資格を取得しようとしている学生も多くなっているのですが、簡単に取れる資格ではないために挫折者も多いそうです。
しかし資格を保有していると就職に有利に働くということは事実となっていて、良い企業こそ有資格者を歓迎しているとも言われているのです。