サイドビジネスとして成り立つのか

不景気の世の中になった今、普通に会社勤めをしている人でもサイドビジネスを行っている方は非常に増えています。
サイドビジネスと言いましてもいろいろなビジネスを上げることができるのですが、社会保険労務士をサイドビジネスとして考える人も少なくはありません。
社会保険労務士の力を必要としている中小企業にはすでに別の相手と顧問契約していることがほとんどです。
そのため資格を取得できたとしても、実際に資格を活かすことのできない人も中にはいるのです。
そういった人たちがサイドビジネスとして考えることがほとんどです。

社会保険労務士の仕事は非常にたくさんあるのですが、その中から得意分野を作って専門分野として売り込む方法も良いサイドビジネスの方法だと言えます。
しかし顧問契約とは違って一件一件の案件を請け負うごとに報酬が出る方法となりますので、必ず毎月仕事があるとも限らないため、サイドビジネスとしては良いですが、本業となりますと厳しいものがあります。

また初めはサイドビジネスとして仕事を行っていたとしましても、その後自分に経験や知識がつき、開業社会保険労務士として本格的に仕事をすることも可能です。
そのため、出産や育児をしている女性にとって人気の仕事となっていまして、育児が落ち着いたときに本格的に仕事を始めるという場合にぴったりの仕事となっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>