いまさら聞けない社会保険労務士の仕事

社会保険労務士という資格の名前を聞いたことはあっても、実際にどのような仕事を請け負う人なのかは、かかわりのない人にとってはなじみのないものだと思います。
社会保険労務士としての仕事は、主に3つの仕事に分けられるのですが、そのすべてが社会保険法第2条に掲載されていまして、1号業務から2号業務まであります。
その中でも、1号業務と2号業務は社会保険労務士にのみが行うことのできる独占業務となっていまして、その内容としましては、炉健康保険や雇用保険など、労働社会保険諸法令に基づく書類の作成・提出代行と、労働者名簿や就業規則などの作成などの労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成となっています。

3号業務はと言いますと、資格を持っていない場合でも行うことができまして、その内容としましては、人事配置や資金調達だったり、企業内教育などを手掛ける、人事や労務に関するコンサルティングとなっているのです。
これは誰でも行うことができるのですが、ほとんどの会社はお世話になっている有資格者に依頼することが多いと言われております。

もちろんこのほかにも、雇用契約書の作成や見直しだったり、問題のある社員に対しての懲戒・解雇などの対応など、企業内でのトラブルや問題などすべてのことを解決することができるのが社会保険労務士の仕事であると考えると良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>