年収をアップするためにできること

社会保険労務士として開業した場合、どれだけの年収にできるかどうかが、生活ができるかどうかを決めると言えます。
開業社会保険労務士が年収をアップさせる方法としましては、まずは顧問契約を増やしていくことが最重要になると言えます。
顧問契約の相場はあるのですが、一度顧問契約を結べば長期にわたり契約が続けられますので、月々の安定を求めるためにはまずは顧問契約をいくつか結んでいくのが大切なのです。

しかし顧問契約以外の報酬も年収に大きな影響を与えます。
企業だけでなく個人の顧客からのコンサルティングにも需要がありまして、ここ数年はとくに年金問題が注目を集めているため、年金についての相談は増えていると言えます。
年金の手続きというのは実は一般人にはわかりづらいことが多いため、専門家である社会保険労務士に相談したり、請求手続きを依頼したりすることも少なくはありません。
顧問契約を結ぶだけでなく、こういった年金問題を得意分野として強化していくのも、年収を増やすためには良い方法となるのです。

ほかにもセミナーや講演会などの講師での報酬や、本を出版したりテレビに出たりするなどの活動も可能です。
こういった報酬は自分で自由に設定できますので、有名になればなるほど、報酬の単価を上げられるということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>